• NEW
商品コード:
jinkenkeihatsu2021

第36回人権啓発研究集会

第35回人権啓発研究集会

会場:和歌山県民文化会館(和歌山市小松原通1-1)
    和歌山城ホール(和歌山市七番丁25-1)

【会場参加】2022年2月3日(木)13:00~17:00、2月4日(金)9:00~15:00

【録画視聴】2022年2月8日(火)~2月22日(火) 視聴サイト「vimeo」

参加費 (税込):
7,000
関連カテゴリ:
講座・イベント
数量:
※「会場参加」または「録画視聴」のいずれかの参加方法を選んでお申し込みください。

【会場参加】
 2022年2月3日(木)13:00~17:00、2月4日(金)9:00~15:00
 
 会場:和歌山県民文化会館(和歌山市小松原通1-1)
    和歌山城ホール(和歌山市七番丁25-1)

【録画視聴】   
 2022年2月8日(火)~2月22日(火) 視聴サイト「vimeo」

■参加費7,000円(税込)
*[会場参加][録画視聴]いずれも同じ金額
*FWコースは別途のお申込み・参加費が必要

■参加申込方法(会場参加・録画視聴 共通)
 申込期限 2022年1月24日(月)
「会場参加」「録画視聴」のいずれかの参加方法を選んでお申し込みください。

〇団体とりまとめ申込:下記の団体等を通じてご受講の方は、団体を通じてお申し込みください。
(居住地の部落解放各都府県連合会、大阪同和・人権問題企業連絡会、東京人権啓発企業連絡会、
『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議、大阪府市町村長会など)
※参加費についても、お申込み先の団体にお支払いください。
※「大阪府市町村長会」を通じてのお申込みを除く。

〇個人申込:団体とりまとめ以外の方は、下記の「参加申込フォーム」よりお申込み下さい。
※参加費のお支払い前に、必ず申込を行って下さい。
申込フォームはこちらから

※フォームがご利用できない方は、
メール又はFAX、郵送にて、
①お名前、②連絡先(郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス)、③参加人数、
④振込名義が①と異なる場合はその名義をご記載いただき、下記の事務局まで、お申し込みください。

(一社)部落解放・人権研究所 人権啓発研究集会事務局
〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 HRCビル8F
TEL06-6581-8572 FAX06-6581-8540 メール keihatsuken@blhrri.org

※事情があってキャンセルされる場合は2月2日(水)17時までにお申し出ください。
 お支払いいただいた参加費は返金いたします。なお、振込手数料を差し引いた額の返金となります。
 上記以降のキャンセルについては返金対応できかねますことをご了承ください。

■内容
【会場参加】

【全体会 2月3日(木)13:00~17:00】
 手話通訳あり 会場:和歌山県民文化会館 大ホール

受付開始:11:30~
オープニング:12:30~13:00
開会行事:13:00~13:30
リレー報告:13:00~17:00
〇オープニング:和太鼓演奏 心音&清流太鼓かなや伝々
〇開会行事:主催者・来賓あいさつ
〇リレー報告:「インターネット上における部落差別と闘う!」※途中休憩有
「和歌山県部落差別規制条例制定の取り組み」部落解放同盟和歌山県連合会
「兵庫県内の部落差別動画削除の取り組み」部落解放同盟兵庫県連合会
「鳥取ループによる差別講演動画配信事件」部落解放同盟鳥取県連合会
「Yahoo!オークションでの壬申戸籍販売事件等」NPO法人人権センターながの
「部落差別解消推進法施行5年の取り組みと今後の課題」【調整中】
「水平社100年とネット上における部落差別との闘い」部落解放同盟中央本部書記長 西島 藤彦
「なぜ、包括的差別禁止法が必要なのか?」部落解放・人権研究所「差別禁止法研究会」

【分科会 2月4日(金)9:00~14:45】
①コマ:9:00~10:30
②コマ:10:45~12:15
③コマ:13:15~14:45
※参加者ご自身が希望する分科会を選んでご参加ください。

分科会共通テーマ 「差別解消に向けた取り組みと差別の法規制の動向」

〇分科会1
会場:和歌山県民文化会館 大ホール 定員:2,000名
①部落差別解消推進法施行後も悪化し続けるネット上の部落差別
 (公財)反差別・人権研究所みえ常務理事兼事務局長 松村 元樹さん
②ネット上の誹謗中傷・差別に対抗するには?
 (株)情報文化総合研究所代表取締役 佐藤 佳弘さん
③部落差別解消推進法の強化・改正に向けて~IT革命の進化とネット暴発する部落差別をふまえて
 近畿大学人権問題研究所主任教授 北口 末広さん

〇分科会2
会場:和歌山県民文化会館 小ホール 定員:328名
①障害者差別解消法施行後5年をめぐる成果と課題
 認定NPO法人DPI (障害者インターナショナル)日本会議議長補佐 崔栄繁さん
②子どもの人権を保障するための自治体の取り組み
~尼崎市子どものための権利擁護委員会設置の経緯とそのしくみ~
 尼崎市こども青少年局
③「LGBT等」をめぐる差別禁止法制度の動向と展望
  LGBT法連合会事務局長 神谷 悠一さん

〇分科会3
会場:和歌山城ホール 大ホール 定員:687名
①包括的差別禁止法とはどのような法律か?
 部落解放・人権研究所「差別禁止法研究会」
②包括的な差別解消条例の制定をめざして~三重県における取り組み~
 【調整中】
③部落差別解消のために必要とされる教育・啓発とは?
 大阪教育大学名誉教授 森実さん

手話・要約筆記など調整や支援が必要な方は、1月13日(木)までに事務局にご連絡ください。
*録画視聴の場合は、以下の全体会・分科会の講座開始日時はあてはまりません。
※上記期日以降のお問い合わせでも、できるだけ対応を検討・調整いたします。

フィールドワークコース(2コース)
「平井地区の歴史とまちづくり~平井水平社の結成と闘い~」定員:40名
「西光万吉と和栄政策定員」:20名
※フィールドワーク参加申込については、
下記「開催要項」の5ページ以降をご参照ください。開催要項


会場参加の皆さまへお願い
●発熱・咳・咽頭痛など体調不良の場合は会場参加をお控えください。
●マスクの着用、手洗い・消毒にご協力ください。発熱または風邪等の症状のある方は参加をお断りいたします。
●ロビー等の共有スペースでは周囲の方と十分な距離を確保して、大声での会話はお控えください。
●飲食はロビー内の決められたスペースでお願いします。他の参加者と距離を取って、食事中の会話はお控えください。
●その他感染防止のため、主催者および施設利用者からの呼びかけにご協力ください。
●講演の趣旨に反する参加はお断りする場合があります。
会場開催にあたって以下のような準備を整え、皆さまのご来場をお待ちしています。
●国の定める業種別ガイドラインへの対応
●施設管理者・地元自治体・保健所等と連携した感染予防対策
●会場内での十分な消毒液の設置や換気
●スタッフ全員のマスクの着用、積極的な手洗い・消毒、検温の実施

【録画視聴方法】2022年2月8日(火)10:00~2月22日(火)17:00

※ログインに必要なIDとパスワードが記載された参加券を事前に郵送します。
※配信期間中はどの時間帯でも視聴できます。
※講座の視聴には、パソコンやタブレット、スマホ等のインターネット環境が必要になります。
※・録画配信は VIMEO を使用しています。接続テストはこちらから
※ウェブブラウザInternet Explorerは受講ページをご利用することができません。
※録画視聴にあたって、講座や講師への著作権・肖像権の侵害行為(写真撮影・録画等、およびそれらの二次利用や拡散など)、ひとつのID・パスワードでの複数人での視聴、ID・パスワードの第三者への提供は禁止しております。


お問い合わせ先
(一社)部落解放・人権研究所 人権啓発研究集会事務局
〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 HRCビル8F
TEL06-6581-8572 FAX06-6581-8540 メール keihatsuken@blhrri.org

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。