第50回 部落解放・人権夏期講座
  • NEW
商品コード:
20190821_koyasan

第50回 部落解放・人権夏期講座

2019年8月21日(水)~2019年8月23日(金)

参加費 (税込):
7,500
関連カテゴリ:
講座・イベント
数量:

こちらは、2019年8月21日(水)~2019年8月23日(金)に行われる「第50回 部落解放・人権夏期講座」参加申し込みになります。
※お客様のご都合によるキャンセル・返金はできません。あらかじめご了承ください。


【ご注意】
宿泊が必要となる方には宿泊施設の紹介や予約も行っています。(パンフレット参照)

【講座当日のお手続きについて】
お支払い確認の完了後に、当研究所より「講座入金済確認メール」を送らせて頂きます。

講座当日、受付にて「講座参加引換券」をダウンロード・印刷したものをご提示ください。実際の参加券と引き替えさせていただきます。

スムーズな受付にご協力ください。

【講座参加券(引き替え用)のダウンロード方法】
お支払いの完了後、「MYページ」にログインしていただき、「購入履歴」の「詳細」画面からダウンロードできます。
※ダウンロードできるようになるまでに2〜3日かかることがございますのでご了承下さい。


【講座概要】
今年で第50回目を迎える部落解放・人権夏期講座は、今年も世界遺産・高野山で開催します。高野山大学を会場に、部落差別をはじめ、さまざまな人権課題を学ぶ講座がのべ18コマあります。ご自身の関心やニーズに応じて選択いただきます。高野山の歴史を学ぶフィールドワーク(定員制)も行います。企業、行政、教育、宗教、人権団体など多方面から毎年約1,300人の方々に参加いただいています。夜はお寺(宿坊)に泊まって林間学校のような体験ができます。


日時 2019年8月21日(水) 14:00~17:30
2019年8月22日(木) 9:00~16:30
2019年8月23日(金) 9:00~10:30
会場 高野山大学松下講堂黎明館、体育館、201教室
和歌山県伊都郡高野町高野山385
【マップを表示】
参加費 7,500円(参加・資料代、報告書代、税込み)※昨年度と同じ
(宿泊料金(2泊3日・5食):17,300円 ※昨年度と同じ)
申込締切 7月26日(金)
内容 [8月21日(水)]
開会行事 14:00〜
①14:15~15:45、②16:00~17:30

全体講演1 (高野山大学松下講堂黎明館)
 ①「パワハラ防止策の法制化と課題」
 内藤 忍(独立行政法人労働政策研究・研修機構 労使関係部門 副主任研究員)

 ②「外国人労働者受け入れと多文化共生社会の実現に向けて」
 近藤 敦(名城大学法学部教授)

全体講演2 (体育館)
 ① 「部落差別解消推進法を学ぶ」
 奥田 均(近畿大学人権問題研究所特任教授)

 ②「西光万吉さんから学ぶこと」
 友永 健三(一般社団法人部落解放・人権研究所名誉理事)


[8月22日(木)]
①9:30~10:30、②10:45~12:15、③13:15~14:45、④15:00~16:30

-課題別講演1- (高野山大学松下講堂黎明館)
 ①「包括的差別禁止法の論点」
 内田 博文(九州大学名誉教授)

 ②ハンセン病隔離政策によって奪われた人権~ハンセン病回復者と家族がおかれている実態と課題~
 加藤 めぐみ(ハンセン病回復者支援センター コーディネーター)

 ③「障害者差別問題入門」
 佐藤 聡(DPI日本会議事務局長)

 ④「雇用水増し問題と障害者の労働~障害者権利条約の視点から考える」
 尾上 浩二(DPI日本会議副議長、内閣府障害者施策アドバイザー)

-課題別講演2- (体育館)
 ①「宝塚市の性的マイノリティへの取り組み 
 ~男女共同参画推進条例一部改正の背景と具体化への課題~」
 塩﨑 美和子(宝塚市人権平和室長)
 佐伯 聡子(人権男女共同参画課長)

 ②「人権と性の多様性の尊重」
 東 優子(大阪府立大学教授)

 ③「在日」問題入門~その歴史と現状~
 朴 洋幸(NPO法人多民族共生人権教育センター理事長)

 ④「東京都人権条例と反差別・人権ネットワーク運動」
 近藤 登志一(部落解放同盟東京都連連合会書記長)
 朴金 優綺(在日本朝鮮人東京人権協会事務局次長)

-課題別講演3- (201教室)
 ①「インターネット差別書込みモニタリング入門」
 三澤 雅俊((公社)尼崎人権啓発協会事務局長)

 ②「差別サイト『保守速報』から広告が消えた」
 金 正則(会社員 マーケティング・ディレクター)

 ③「女性差別問題入門」
 源 淳子(世界人権問題研究センター嘱託研究員)

 ④「日本の問題である『沖縄の基地問題』-構造的差別と沖縄ヘイト、フェイクの今」
 滝本 匠(琉球新報東京支社報道部長)

-フィールドワーク(事前講座+フィールドワーク) 木下浩良(高野山大学)


[8月23日(金)]
9:00〜10:30
-全体講演- (高野山大学松下講堂黎明館)
 映画「夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年」

-全体講演- (201教室)
 部落差別の解消に向けた自治体の役割 -「自治体における同和行政に関するアンケート」結果より-
 棚田 洋平(一般社団法人部落解放・人権研究所事務局長)
パンフレット

パンフレットを表示(PDF)

お問い合わせ先 一般社団法人 部落解放・人権研究所 啓発企画部
 〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 HRCビル 8階
 TEL:06-6581-8596 FAX:06-6581-8540 メール koyasan@blhrri.org
ご注意 ※3日間の各日、ご自身の関心やニーズ等に応じて、受講する講座(講演)を選択ください。各会場の座席数には限りがありますので、満席の場合はご容赦ください。(8/22のフィールドワークは事前申込み制です)

※車いすで参加される方や手話通訳等を必要とされる方など、受講にあたって支援が必要な方は、準備の都合上、7/26(金)までに事務局までお知らせください。(7/26を過ぎても可能な限り対応いたします)

※講座開催中、参加者には、高野山真言宗総本山金剛峯寺ほか一部諸堂を無料で拝観いただけます。(詳細は当日配布資料をご覧ください)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。