第44回 部落解放・人権西日本夏期講座
  • NEW
商品コード:
20190626_nishinihon

第44回 部落解放・人権西日本夏期講座

2019年06月26日(水)~2018年06月27日(木)

参加費 (税込):
4,000
関連カテゴリ:
講座・イベント
数量:

こちらは、2019年06月26日(水)~2019年06月27日(木)に行われる「第44回 部落解放・人権西日本夏期講座」参加申し込みになります。
※お客様のご都合によるキャンセル・返金はできません。あらかじめご了承ください。


【講座当日のお手続きについて】
お支払い確認の完了後に、当研究所より「講座入金済確認メール」を送らせて頂きます。

講座当日、受付にて「講座入金済確認メール」と「講座参加引換券」をダウンロード・印刷したものをご提示ください。実際の参加券と引き替えさせていただきます。

スムーズな受付にご協力ください。

【講座参加券(引き替え用)のダウンロード方法】
お支払いの完了後、「MYページ」にログインしていただき、「購入履歴」の「詳細」画面からダウンロードできます。
※ダウンロードできるようになるまでに2〜3日かかることがございますのでご了承下さい。


【講座概要】
部落問題を学ぶ場として1976年、西日本部落解放夏期講座の名称で高知県で開催、1980年から部落解放西日本夏期講座と名称変更、1996年から部落問題だけではなく幅広く人権問題を学ぶ場とするため現在の名称に変更されました。岡山県以西の西日本の各県で毎年開催地を変えて開催しています。部落解放・人権研究所が企画運営事務局を担当、開催地の各種団体が実行委員会を結成して6~7月頃、2日間の日程で県内外の行政や企業はじめ人権問題に関心を持つ方々を対象に開催しています。


日時 2019年06月26日(水) 12:30~16:50
2019年06月27日(木) 9:00~12:20
会場 A会場 レクザムホール(香川県県民ホール)
    香川県高松市玉藻町9-10
    【マップを表示】
    TEL:087-823-3131

B会場 サンポートホール高松
    香川県高松市サンポート2-1ホール棟3F
    【マップを表示】
    TEL:087-825-5000
参加費 4,000円(参加・資料代、税込)
申込締切 6月14日(金)
内容 【第1日目 6月26日(水)】
 受付開始 12:00
 開会行事 13:00

 ●A会場 レクザムホール(香川県県民ホール)
  講演A1  13:30~15:00
       「語り継ぐ 島の暮らしとハンセン病問題」
        森 和男(大島青松園自治会会長/全国ハンセン病療養所入所者協議会会長)

  講演A2  15:20~16:50
       「部落差別の解消をすすめる教育」
        森 実(大阪教育大学教職教育研究センター教授)


 ●B会場 サンポートホール高松
  講演B1  13:30~15:00
       「香川県における障害者差別解消の取り組み」
       香川県健康福祉部障害福祉課

  講演B2  15:20~16:50
       「世界へ届ける ヒバクシャの声」
         長谷 邦彦(被爆者証言の世界化ネットワーク代表 元京都外国語大学教授)
         被爆者証言の世界化ネットワーク学生サポーター 
        

【第2日目 6月27日(木)】
 受付開始 8:30 

 ●A会場 レクザムホール(香川県県民ホール)
  講演A3  9:00~10:30
       「カミングアウトがもたらすもの〜性的少数者の経験から〜」 
        砂川 秀樹(文化人類学者/明治学院大学国際平和研究所研究員)

  講演A4  10:50~12:20
       「なんでおそらからおちてくるの?~緑ヶ丘保育園・米軍ヘリ落下物事故を受けて~」
        チーム緑ヶ丘1207
       
 ●B会場 サンポートホール高松
  講演B3  9:30~10:30       
       「シングルマザーの不安と孤立の解消をめざして」
        赤石 千衣子 (NPO法人しんぐるまざーず・ふぉーらむ理事長)

  講演B4  10:50~12:20
       「障害者のリアル×東大生のリアル」
        野澤 和弘(毎日新聞論説委員・「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ担当教員)
パンフレット

パンフレットを表示(PDF)

お問い合わせ先 (一社)部落解放・人権研究所
(TEL 06-6581-8572 FAX 06-6581-8540)
ご注意 フィールドワーク、宿泊・弁当については別途お申し込みください(パンフレット参照)。
【ご注意】
フィールドワークにつきましては、別途お申し込みが必要になります。

6月27日(木)フィールドワーク【事前申込制】
Aコース 「大島青松園コース」(定員45名 参加費4,000円 *昼食代込み)
Bコース「香川人権啓発企業連絡会コース」(定員30名 参加費3,000円)

内容:
Aコース:高松沖に浮かぶ大島にある国立療養所青松園は病院であり、ハンセン病元患者の方々の生活の場です。入所者やスタッフのお話を伺い、園内を見学して園の歴史と現在を学びます。
Bコース:JR四国の人権啓発に関する取り組みを伺い、JR高松駅のバリアフリーやユニバーサルデザインを見学します。その後、百十四銀行の認知症サポーター制度の取り組みを伺い、サポーター養成講座を体験します。

集合・解散場所・時間:
Aコース:高松港(集合8:45 解散14:00)
Bコース:サンポートホール高松6階(集合8:50 解散12:30)

申込受付期間:3月1日(金)~6月7日(金)※先着順、定員になり次第受付終了

フィールドワーク申込方法:
 参加されるご本人が①名前、②所属、③連絡先(郵便番号、住所、電話、FAX、メールアドレス)を、下記送付先にFAX、またはE-mailにてご連絡ください。なお、請求書が必要な方は、請求書の宛名を併せてご記入ください。(日付は請求書発行日となります)

申込・連絡先:
 第44回部落解放・人権西日本夏期講座 フィールドワーク係 
 FAX:06-6581-8540
 E-mail:nishinatsu@blhrri.org

留意事項
 *定員に限りがあります。複数名で申し込み希望の場合もお一人ずつお申し込みください。
  なお、最後まで参加できる方に限ります。
 *障害があるなど、参加にあたって調整や支援が必要な方は事前に事務局へご相談ください。
 *講座参加費とは別にフィールドワーク参加費が必要となります。
 *交通状況等によりスケジュールが若干変更することもございますので、ご了承ください。
 *参加の諾否は受付後、1週間以内にご連絡いたします。期間内に連絡がない場合は事務局へお問い合わせください。
  詳しいスケジュール、振込先案内等は後日別途ご連絡いたします。
 *最少催行人数に満たない場合は実施されない場合があることをご了承ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。