部落解放研究205号
商品コード:
B_burakukaihokenkyu205

部落解放研究205号

特集 識字・基礎教育保障の動向と課題

販売価格 (税込):
2,160
重さ係数:
300

関連カテゴリ:
出版物・DVD > 紀要「部落解放研究」
数量:
サイズ A5判
発行年月 2016年10月31日
ISBN 9784759277050
編集発行 一般社団法人部落解放・人権研究所
価格

2,000円+税


[特集]
特集にあたって  森実

リテラシーと識字の概念整理  上杉孝實

今日の大阪の識字学級のすがた-大阪府内識字学級実態調査の結果より-  棚田洋平

大阪市内の被差別部落における識字学級-大阪府内識字学級実態調査(2015年度)・学級訪問調査より-  菅原智恵美

大阪府における識字・日本語学習活動の現状と課題-「大阪府内における識字・日本語学習活動促進のための課題整理」より-  田中隆博

なぜ識字・日本語学習なのか-よみかき茶屋26年の歩みから-  柴田亨

外国にルーツを持つ子どもの教育実践の現状と可能性-「ちがい」があふれる学校現場からの声-  山﨑一人

尼崎市における識字・日本語教室調査報告  小原武次郎

義務教育未修了者の「人権としての学習権保障法」実現をめざす全国夜間中学校研究会の活動  須田登美雄

基礎教育保障学会の設立と識字・日本語学習をめぐる新たなうねり-多様な教育機会確保法案の成立を視野に入れつつ-  野山広

米国の成人教育がかかえる現代的緊張関係  Erik Jacobson(訳・新矢麻紀子)

イギリスにおける成人基礎教育政策の動向とその評価-政策の歴史的変遷-  岩槻知也

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。